ジュリア・マーガレット・キャメロン展

三菱一号館美術館で9月19日まで開催中のジュリア・マーガレット・キャメロン展、ブロガー内覧会に行ってきました。

 

ソフトフォーカスで柔らかい画面の、絵画的に作られた写真。きれいだけどこういうイメージの写真ってありがちよね。みたいな印象を持ってました。見に行って解説聞いてキャプション読むまでは。

 

見に行って知ったのですが、キャメロンが1863年に48歳でカメラを手に入れてから十数年の間の作品なんです。

そして1863年のカメラって、コロディオン湿式という、ガラス板に薬品をいくつも使う化学実験というか錬金術のようなもの、もちろん光源はほぼ太陽光線、大きな蛇腹式のカメラで、屋外の撮影は暗室テントも一緒に移動するという大掛かりなものだったそうです。

モデルの絵画的なポーズも、動かずにじっとしていなければならないのだから大変。

そんなお金も時間も手間も体力も必要な写真という表現方法を、ほぼ独学で模索した女性写真家です。

手をかけてイメージ通りの写真を作ることを楽しんでいたんじゃないかなと思います。

上流階級の文化的な環境の奥様ではあったそうですが、お金持ちの趣味では片付けられないとんでもないバイタリティーと表現力だと思いました。

 

カメラが発明されてから20年ほどという時代で、その時代の写真は記録や報道的なしっかりピントのあったものが主流で、キャメロンの絵画的で文学作品を元にした手の込んだ「作り物」の写真は批判されたりもしたそうです。

 

そんな時代にそんな人がいたという驚きと興味でたいへん面白く観ました。

私は普段展覧会のキャプションはほとんど読まないんですが、この展覧会はしっかり読みました。

 

あと、後年影響を受けた写真家として最後に展示してあったサリー・マンという現代の写真家の作品がとても印象的で、どこかでまとまった展示があったら見たいなと期待しています。近代美術館に所蔵されてるらしいんですが。

 

 

 

 

 


0 コメント

5年前からのアニメファン

5年前の2011年、ちょうど50歳から私はアニメ好きになりました。

好きな作品について、一度まとめて書いておきたかったので、書いてみます。

 

子供の頃からずっと漫画好きではあったのですが。

アニメは子供につきあって見るか、好きな漫画が原作なのでちょっと見てみる程度でした。つい6年ほど前までは。

 

2011年の初めに、「タイガー&バニー」を子供とネット配信で一緒に見て、アニメだけどハリウッド映画みたいにかっこ良くてすごいと思い、そのあとネットで評判だった「魔法少女まどかマギカ」も見てみたらかわいい魔法少女からのダークなSF展開や凝った美術に驚いたりしてました。でもまだ他の作品にまで興味は広がらなかった。

 

その流れで面白そうだなと見てみたのが「輪るピングドラム」でした。

なんだかわけわかんないけどペンギンがかわいいなーと見始めたらわけわかんないまま引き込まれて、思いもよらぬ所へ連れて行かれて最終回ではやっぱりわけわかんないままボロボロ泣いてました。何度観てもなぜか最後は泣かされる作品です。

原作が好きとか他のジャンルっぽいとかじゃなく、オリジナルアニメでなんだこれはと思って驚いた作品はあれが最初。

グッズも買いました。今もペンギンのマグ愛用してる。あれが「はまった」というのか。

 

そこからネット配信で古い作品を見たり、テレビやネットで次々シーズン毎に新しい作品を追ったりしています。

製作会社や監督名や声優名なんかを覚え始めて(まだ有名なのしかわからないけど)始まる前から予告で見当つけて面白そうだなと思える程度には成長しました。

まあいい大人なので、やっぱり絵柄やノリについていけなくて見られないアニメも多いんですが、ワンシーズンにいくつかは最後まで見続ける作品があって、子供みたいに毎週ワクワクしていたりします。

 

しかしなんで2011年だったんだろう?と先日考えてたら、2011年は地デジ切り替えがあった年でした。

すでにあまりテレビは見ていなかったので、そのままテレビなしの生活が始まった年でもありました。

そしてネットの動画サイトを次々見るようになったのも2011年。ニコ動やYoutubeや。そのうちバンダイチャンネルも。

当時テレビ番組のネット配信はまだあまりなかったと思うんですが、アニメはたくさんあった。

 

で、5年間で見たアニメの中で、今の時点のベスト10というのを考えてみました。

全部機会があったらまた観たい作品です。大人が観ても面白い作品ばかりだと思うんだけどなー。

 

リアルタイムで観た作品編(2011年〜2015年)

 

1  輪るピングドラム

2  キルラキル

3  血界戦線

4  ピンポン

5  スペースダンディー

6  坂道のアポロン

7  ジョーカーゲーム

8  ユリ熊嵐

9  純潔のマリア

10  進撃の巨人

 

ああ、昭和元禄落語心中もおそ松さんもハイキューもワンパンマンもちはやふるも夏雪ランデブーもキズナイーバーもサイコパスもシドニアの騎士もアルスラーン戦記も入れたかったなあ。(ベスト20にしたら良かったのか。)

 

遡って観た古い作品編(〜2010年)

 

1  少女革命ウテナ

2  カウボーイビバップ

3  攻殻機動隊

4  天元突破グレンラガン

5  人類は衰退しました

6  新世紀エヴァンゲリオン

7  化物語

 

…こっちは結局ベスト10まで思いつかなかった。見てみたい、見たらきっとすごそう、っていうのはたくさんあるんだけど有名シリーズ物なんかは膨大でどこから手をつけていいかわからずにいます。  

まだ見ぬ宝はたくさんあるんだろうな。

 

そして、もともと好きだった日本美術も、アニメ好きになってから興味が広がった気がします。

北斎、国芳、暁斎、あたりの浮世絵の武者絵や妖怪絵と、小林清親、川瀬巴水、吉田博、あたりの浮世絵から連なる新版画の風景画はたぶんアニメを好きになったのと同時進行でどんどん好きになりました。

 

そういえば、小学館から出ている日本美術全集の現代編に漫画やアニメも取り上げられてました。

アニメはエヴァとアキラだったかな、じつはあれ読んでて、なんでウテナが入ってないんだーと少々不満でした。

ウテナ、あのド少女漫画なキャラクターも奇妙な設定もストーリーも音楽も、すごく日本美術だと思うんですが。日本美術史に残ってもいいのにと。ひいきの引き倒しかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

画鬼 暁斎展 ブロガー内覧会に行って来ました。

  写真は特別に許可をいただいて撮影しています


三菱一号館美術館で開催中の「画鬼 暁斎展」の後半が始まって、ブロガー内覧会に参加してきたのでご報告を。


じつは前半は先月見ていたのですが、人気の展覧会でしかも休日の午後だったせいか混んでいてうまく全体を見られず(人の間をぬって隙間から見る感じで)最初の方は左の写真のように、弟子のジョサイア・コンドル氏との交流に焦点を当てた展示だったので、画鬼と銘打っているわりに、意外と地味だなという印象でした。


が、今回、もう一度見て、前半よりじっくりと細かい作品を見る事ができたのもあり、暁斎作品の膨大な幅広さ(肉筆の写実も仏画も山水画も春画も戯画も絵日記も浮世絵も)、そしてコンドル氏との師弟関係と、いろいろ取り揃えてぎゅっとコンパクトにまとめた、見応えのある展示だったのに気がつきました。



大きな展示室は暁斎とコンドルの交流がテーマで、絵日記や一緒に行った日光のスケッチを囲んで展示してある掛け軸は全て旧コンドルコレクション(今は別の方が所有)だそうです。


三菱一号館美術館がジョサイア・コンドル設計の建物を改装した美術館だということもあり、ぜひここでコンドル氏の師匠である河鍋暁斎展を、ということで企画されたそうです。

絵日記なんか見てるとほんとに親しく親密に交流していた様子がうかがえて微笑ましいです。コンテールさん(という表記)あんまりちょくちょく登場するのでハンコにされて、コンドルさんの来た日はハンコが押してあるし。

 

それから初公開のメトロポリタン美術館所蔵の動物作品の生き生きした可愛さと超絶な上手さも見所。見られて良かった。

その先は、小さな部屋が連なる洋館の作りを生かして、一室ごとにテーマを変えて、画鬼暁斎作品のバラエティの凄さを見せてくれます。

暁斎を見るのは初めてって人は、一度に多面性が見られて面白いかも。


こんな、記念撮影用の部屋まで用意されてます。

化け猫にビックリする人と並んで記念撮影できる(笑)。


でも、見終わると、もっともっと見たい!と思ってしまうのは前半を見た時と一緒で。

少しずつ出て来る懐石料理食べて満足したんだけど、やっぱりお腹が空く、みたいな感じ。

家に帰ってから、美術手帖と芸術新潮の河鍋暁斎特集号なんか見ながら、もっともっと、もう食べられないよーってくらいに暁斎見たいなあと贅沢な事を思ってしまうのでした。





0 コメント

2014年に聴いてた音楽

もうひとつ、年の終わりのまとめを。


思えば、中高生の頃からラジオと音楽雑誌で情報を得てレコード買ってて。

東京へ来てからはそれに加えて輸入レコード屋と中古レコード屋と、ロック喫茶(というのがあったのだ)で情報を得て。

外へ出られなくてTVとラジオと雑誌ばかりの時期があって。

その後CD屋とライブのフライヤーと口コミで見つける、って時期もあった。


最近気がついたら、ラジオも聴かないTVも見ない、CD屋もライブもあまり行ってない。雑誌も全然買ってない。

音楽情報はもっぱらネット。ブログやSNSの口コミとニコ動とYoutube。そしてネット通販でCDを買ってる。

聴く音楽が変るはずだ。

これに気がついて自分でちょっとびっくりしました。


そして、今年買ったCDで良く聴いたものベストテンはこんなふうに。


10 後がない/鈴木博文

9 Hail Against the barn door/古川本舗

8 ベストヒットBBP/スペースダンディO.S.T

7 残響のテロルO.S.T/菅野よう子

6 あの街レコード/Indigo la end

5 みんなノーマル/ゲスの極み乙女。

4 小数点花手鑑/小林大吾

3 11/KIRINJI

2 夕日信仰ヒガシズム/amazarashi

1 YANKEE/米津玄師


買ったCDのほとんどが邦楽だった年でした。

昔から聴いてる人と、最近ネットで知った人、ボカロ経由の人、アニメサントラ、といろいろカオス。


洋楽は古いのばかり聴いててました。

7月の個展の時に、良く聴いてる曲をCDにコピーして持って行ったんですが。

ちなみにこんな内容でした。ギャラリーハウスマヤで小さい音で鳴ってました。

Old Fashioned Morphine/Jollie Holland

Mad Tom of Bedlam/Jollie Holland

Darlin Ukelele/Jollie Holland

Full Moon In My Soul/Robin Hitchcock

See The Sky About To Rain/Neil Young

Motion Pictures/Neil Young

I Thought It Was Moon/Jollie Holland

On And On/Jollie Holland

Waiting For The Sun/Jollie Holland

Lying Song/Maria Muldaur

Wild Bird/Maria Muldaur

Falling in Love With Love/Sheila Jordan

Hum Drum Blues/Sheila Jordan

Waiting For The Rain/Wendy Waldman

It's Bad For Me/The Roches

True Love Is Not Nice/Jonathan Richman

Twisted/Joni Mitchell


あとCowboyjunkies/The Trinity Sessionを流してました。

Jollie Hollandが多いな、新譜を買ったばかりだったからです。たぶん今年の洋楽の新譜で買ったのはこれだけ。


ライブは、7月の渋谷flying booksの小林大吾と、9月の東京ドームシティホールのamazarashiと、12月18日の日本青年館のムーンライダーズが良かった。

今年は、ライブは片手で数えられるくらいしか行かなかったけど。


来年はどんな音楽に出会えるかな。






0 コメント

2014年に見た展覧会ベストテン

今年は久しぶりに、外に出かけるのが楽しくなった年でした。

年の終わりに、今年見た展覧会ベスト10(と、その印象)を覚え書き。


10 デュフィ Bunkamura ザ・ミュージアム

 若い頃から好きで何度も見てるけどやっぱり良かった。電気の精の壁画のリトグラフが来てたのがうれしかった。


9 葛飾応為 太田記念美術館

 応為は点数少なかったけど、浮世絵の光の表現を集めていて、それがすごく好みで良かったです。


8 人造乙女博覧会 ヴァニラ画廊

 ラブドールというのを直接見て触れるというので、好奇心で行ったら面白かった。

 リアルな生人形を想像してたら精緻なファンタジーだった。という印象。


7 前原冬樹 Bunkamuraギャラリー

 朽ちて行くものを木彫でひたすら細密に描写した作品群。凄みがありました。


6 明治の工芸 三井記念美術館

 ただひたすらトンデモナイ物を見た、という印象。肉眼で見るだけじゃわからないような細密技術に興奮しました。


5 赤瀬川原平 千葉市美術館 町田市立文学館

 町田は地元の作家としての生活感のある小規模な展示でした。

 千葉は50年以上にわたる膨大で様々な分野の作品の展示で、時代を通してみるような面白さもありました。

 ずっと現実をひっくり返したりずらしたりして見るような事を様々な表現でやってたんだなという印象。


4 中村芳中 千葉市美術館

 この人、ずっと気になっててまとめて見たかったんです、まるくてゆるくて超可愛い絵の数々。

 上品なこしあんの和菓子、みたいだった。前後期二回見に行った。


3 江戸妖怪大図鑑 太田記念美術館

 幽霊の回を見逃して、物の怪と妖術使いの二回を見に行った。かわいいし面白いし、すごく楽しかった。

 妖怪もだけど、画面の表現とかいろいろ、今の漫画アニメに通じる感覚があって、たぶん浮世絵知らなくても楽しめる世界。


2 川瀬巴水 千葉市美術館 大田区郷土博物館

 雪や雨、光と闇、水面、とにかく好きなんです。

 千葉市美術館の見応えも凄かったけど、大田区郷土博物館も三期に分けた展示で充実してた。二期行きました。


1 フェリックス・ヴァロットン 三菱一号館美術館

 知らなかったヴァロットンという人に興味津々になるような展示で。たぶんまとめて見ないとこんなに面白くなかったと思う。

 木版画のカッコ良さに惹かれて見に行ったら、妙な執着やフェティシズムがにじみ出て来るような油彩が好きになりました。

 結局三回見に行っちゃいました。2014年はヴァロットンに出会った年だ。


国宝展とか○○美術館展みたいなのもけっこう見たんですが、楽しくても印象が散漫になってしまってこれというのがなくて。

行きたかったけど行けなくて、見に行ったらここに入ってただろうなーと後悔してしまう展覧会も沢山ありました。

来年はもっともっと見に行けるようにがんばろう。


ところで、千葉市美術館が3つも入ってるけど、じつは家から片道2時間くらいかかるんですよ。

それでもわざわざ足を運ばせてベストに残っててすごい。来年も楽しみなのがあるのではるばる行く予定です。


ついでに、美術じゃないけど、サンシャイン水族館のへんないきもの展ともうどく展、科学博物館の医は仁術展も面白かったです。



0 コメント

単純作業

赤紫の麻の布を買ったので、今夜はひたすら糸を抜いて、捻ってフリンジを作って、両脇をひたすらまつってストール作ってました。

ほんとは他にやらなきゃならない事もいろいろあって、頭上に重しが乗った感じではあるんですが、気分が停滞していて単純作業に逃げた。

 

連休は台風が心配で、出かける予定も中止になりました。

せっかく空いた時間なんだけど、今日は掃除と種蒔きとこれで終わりそうです。

いろいろは明日からにまわします。

 

ついでにブログに写真のせる実験を。

布の残りと、今日使ってた缶入りソーイングセットです。

ホームページ作成中

今まで十年近く慣れ親しんだ「ブログ人」がサービス終了とのことで、旧ブログの記事はgooブログへ引っ越しを済ませたのですが、画像アルバムが移せないようで困ってしまいました。


なので、作品画像が見られるページを作らなければと思いまして。

いままで面倒くさがって避けていたホームページ作りを、やっと始めました。

ガイドブック片手に右往左往を3日程、ああだこうだやって、大まかなやり方がわかってきて、大まかな完成図が見えて来たかな。

まだまだ、中身ガラガラですが、がんばるよ (๑•̀ㅂ•́)و✧


とりあえず、よろしくお願いします。