日々道草  hiromi oono illustrations

大野博美です。

 

イラストレーターです。今までの作品はこちらにあります。どうぞご覧下さい。

 

 自己紹介もあります。よろしくおねがいします。

 

 

お問い合わせ、仕事のご依頼などはこちらへお願いします。

 

道草ばかりの日々のブログも時々更新してます。

  

 

このサイト上のイラストレーション、テキスト、写真の無断転載を禁じます。

  Illustration.Copyrigt(c) hiromi oono ,All Rights reserved. 


News


双葉文庫「行方/春口裕子」カバーイラストレーションを描きました。

双葉文庫9月の新刊「行方」のカバーイラストレーションを描きました。

突然、近くの公園から3歳の娘が消えてしまった事件から始まる長編ミステリー小説です。

日常的な郊外の公園風景だけれど、どこか不穏な雰囲気を出せたらと考えながら描きました。

 

序盤で娘が消えてしまって一番ショックな母親に向けられた、近所やマスコミによる責任の押し付けや勝手な憶測などの悪意の描き方が読んでいておそろしくて、現代的な描写だなと思いました。

後半はそういった描写はないのですが、事件の解決までの長い時間ずっと、家族はそんな視線にさらされていたのかと思わされました。

ミステリー小説なのでストーリーには触れませんが、長い小説だけど面白く一気に読めました。

 

書店でご覧いただけたら幸いです。


結婚式のドリンクメニューのカットを描きました。

結婚式のドリンクメニュー用に、長野県のワイナリーの地図と、ワインを始め長野県産にこだわった酒類のボトルのイラストレーションを描きました。久しぶりにカラーインクとボールペンで軽いタッチで描いてみました。

 



イラストレーションファイル2018に初掲載されました。

発売中の玄光社イラストレーションファイル2018に、イラストレーターとして初掲載されました。

昨年の主な仕事の作品が載っています。

上下巻890名のイラストレーターの一人になれて光栄です。

 

上巻の180ページに掲載されています。

お仕事お待ちしています。

 

イラストレーションファイルWebにも参加しました。

こちらです。

 

 

 

 

 

 


「私のお気に入り ポスター・レコードジャケット展」受賞者記念展に参加します

 

昨年末に参加したランドリーグラフィックスギャラリーの

「私のお気に入りポスター展」で賞をいただきました。

レコードジャケット展受賞の方々と4名のグループ展に参加します。ご覧いただけたらうれしいです。

 

出展者:大野博美 大島千明 金本久美子 高野まき子

 

3月26日(月)〜3月31日(土)13:00〜20:00
(最終日は17:00まで)
オープニングパーティー 初日18:00〜20:00

ランドリーグラフィックスギャラリー
http://www.laundry-graphics.jp/gallery/exhibitions/180326.html 

 


銀座伊東屋 K.Itoya B1Fで個展をします。

あの銀座伊東屋の一本裏道にある新店の方、K.Itoya地下一階フレーム売り場で個展をします。

 

 

2月12日(月・祝)〜28日(水)

月〜土10時〜20時 日・祝10時〜19時 (最終日は18時まで)

大野博美作品展 小草生月(おぐさおいづき)

 

小草生月は2月の異名です。

まだまだ続く厳しい寒さの中、それでも日が伸びて、草が生えて、季節の花が咲き始め、春の気配を感じる頃。

春を待つ気持ちを込めて、この季節の好きな風景を中心に、春の植物や、身の回りのものを描きました。

オーブン粘土で花のブローチも作りました。

 

土、日、月、木曜日の14時〜19時を中心に在廊予定です。

お立ち寄りいただけたらうれしいです。

 


MJイラストレーションブック2018に作品掲載されました。そしてMJ展に参加します。

お世話になった画塾、MJイラストレーションズが毎年発行しているMJイラストレーションズブック2018に作品掲載されています。

毎年増えるMJイラストレーションズ出身のイラストレーター、今回は153人というボリュームで、見応えある本になっています。

購入方法、販売書店など詳細はこちらへどうぞ。

 

そして、そのMJイラストレーションズブック2018掲載イラストレーター全員の作品が集うとんでもない質量の展覧会、MJ展にももちろん参加します。ぜひご覧ください。

私はオープニングパーティーと2月6日15〜19時在廊予定です。

 

日時:2/2(金)〜2/14(水)
時間:11:00〜19:00 ※最終日2/14(水)は17:00まで
場所:六本木ストライプスペース・ストライプハウスギャラリー
http://striped-house.com/stripe-space.html

※オープニングパーティー:2/2(金)18:00〜19:30

 


吉田修一「愛に乱暴」(新潮文庫)の装画を描きました。

12月25日発売、新潮文庫の1月の新刊「愛に乱暴」の上下巻の装画を描きました。

上下巻をつなぐ描き文字は著者吉田修一氏のものです。

いったい彼女に何が起こったの?

と思っていただけたらいいなと思いながら上下巻を描きました。

 

恵まれた主婦に起こる不倫騒動と姑問題、という一見ドロドロのメロドラマみたいな話かと思うと、ミステリーでもあり、風変わりな冒険譚にもなって行くような、一筋縄ではいかない不思議に面白い小説です。

ぜひ書店で手にとって見てください。

 


My Favorite Thingsポスター展に参加します

千駄ヶ谷のランドリーグラフィックスギャラリー

11月27日(月)〜12月2日(土)13:00~20:00(最終日は17:00) くわしくはこちら

My Favorite Thingsポスター展に今年も参加します。

今年は奇妙礼太郎さんのライブポスターを10組のイラストレーターとデザイナーが作りました。

私の絵は黒川聡さんがノスタルジックで渋カッコイイライブポスターに仕上げてくれました。

よかったら、ご覧ください。

 


宮内勝典「永遠の道は曲りくねる」(河出書房新社)の装画を描きました。

5月18日発売、宮内勝典「永遠の道は曲りくねる」の装画を描きました。デザインは鈴木成一デザイン室。

肌の色も世代もいろいろな登場人物たちがぐるりと本のカバー全体に並んでいます。(カバー全体の写真はこちらにあります。)

 

「世界は残酷で、生は美しい」と帯にあるように、争いの連鎖に抗い傷ついた人たちの話でありながら、重く悲しいだけではなく、歴史を人々の営みとして、未来までを俯瞰的に見つめるようなスケールの小説でした。

重量感のある大作です。

こんな作品に関わることができて光栄です。

 

 

 

 

 

 


蛭田亜紗子「凜」(講談社)の装画を描きました。

3月14日発売、蛭田亜紗子「凜」の装画を描きました。

デザインは鈴木成一デザイン室。

「静かで強い凜とした眼差しを」と言われて試行錯誤した表情です。

 

現代の就活生の女の子が、大正時代のタコ部屋労働と遊郭の過酷な環境を生き抜いた人の記録を知って自分自身の人生を捉え直す話。

過酷で残酷な時代の話が強烈で、びっくりしながら、それでもそこを生きる人の姿にぐいぐい引き込まれて一気に読みました。

魅力のある作品だと思います。

私の絵が、少しでも作品の魅力を伝えるお役にたてたらうれしいです。

 

 

 


野生時代4月号から

野生時代4月号から新連載の、笹本稜平「指揮権発動」の扉絵を描きました。

「社会派ミステリの旗手が国際社会の光と闇を圧倒的スケールで描き出す!」

とあるように、スケールの大きな作品になっていきそうで、これからも楽しみです。

 

 

 



「私のセツ物語ーみんな夢見る生徒だった」に絵と文を書きました

チルチンびと広場で連載中の

「私のセツ物語ーみんな夢見る生徒だった」第三回

セツヨーロッパツアーの思い出の文と絵を描きました。

もう18年前のことです、セツ先生が亡くなる前の年でした。

あんな旅行はもう二度とできないだろうな。

 

長沢節先生の生徒だった人たちが、セツモードセミナーの思い出を語る連載です。

これからも楽しい記事が続くようで楽しみです。

よかったらごらんください。

 

http://www.chilchinbito-hiroba.jp/column/setsu/?p=42

 

 



ジャケットを描きました

ココ太。さんのネット配信2nd single 「常緑樹」のジャケットを描きました。


空を見上げて、空の上へ行ってしまった人を想う歌です。

よかったら聴いてみてください。


iTunes


amazon





 第192回チョイス 南伸坊さんの審査で準入選しました。2014年10月18日発売のILLUSLATION誌に掲載されています。



2014年7月21日〜26日 青山ギャラリーハウスマヤでの個展は

無事終了しました。

ありがとうございました。

 

個展の様子が掲載されています。

ギャラリーハウスマヤ

クリエイターと企業のリンクステーション クリ8



Twitter